業務管理システム

得られる効果

受注確度を飛躍的に向上させ、売上を向上。営業活動などの業務フローを変革することができます。

品質 Quality

1.データ解析により適切なターゲット、市場を科学的に設定。
2.社内コミュニケーション活性化による指示や意思決定のスピード向上。
3.入力項目の絞り込みによる科学的な発想(見える化などの効果認識)の定着。

コスト Cost

1.売り上げ予測による、営業活動の促進。
2.工数管理によるプロジェクト損益管理。

納期 Delivery

1.定期的にプロジェクトの納期を共有。
2.プロジェクトとそれに伴う作業項目を入力することで実行計画を立案。
3.作業の負荷を平準化。