企業ブランド戦略

事業活動を通じたブランディングと、コミュニケーション活動を通じたブランディングの2軸により、企業ブランドの浸透展開をサポートします。

企業ブランド(コーポレートブランド)とは、企業の理念やビジョンが事業やコミュニケーションなどの企業活動を通じて名称とともに関係者に認知されている状態を指します。

これは、「企業理念やビジョンの要素である"アイデンティティ(存在意義)や戦略上の特徴"が、あらゆる関係者に好意的に定着すると、企業価値や総合力が高まる。」という考えの上に成り立っています。

ユニビジョンでは『企業ブランドの構築は、理念やビジョンの浸透である』という考えのもとに、理念・ビジョンを要素分解し、事業とコミュニケーションに展開して関係者への浸透を図ります。